顔の形によって選ぶフレームはほぼ決まってくる

顔の形に合わせたフレーム選び

メガネは基本的に、顔の一番大きい部分の横幅とフレームの幅が合っているタイプを選ぶと似合いやすくなりますが、フェイスラインによっても似合うメガネと似合わないメガネに分かれます。丸顔の人はスクエアタイプや、ハーフリムタイプをかけるとスッキリとした印象になります。四角顔は、丸顔の人とは逆に柔らかい印象を受けるオーバルタイプやボストンタイプがおすすめです。面長の人は顔を小さく見せるウェリントンタイプやスクエアタイフ?を使用すると、縦に長い印象が薄くなるので大きめのレンズを選びましょう。シャープな印象を持たれやすい三角顔は、あえて細身のオーバルタイプやフレームのないツーポイントタイプを選ぶと柔らかい雰囲気を演出することができます。

似合うメガネを探すポイント

顔の形に合わせたフレームを選んだ後は、実際にメガネをかけて黒目の位置をチェックしましょう。メガネをかけた時にレンズの上の方に黒目がくるときは、メガネの鼻の幅が広すぎます。レンズの下の方に黒目がくるときも、メガネの鼻の幅が狭く合っていないので、気に入ったフレームタイプの中で鼻の部分の幅が合うメガネを探しましょう。また、似合うメガネはフェイスラインだけでなく、両目の黒目の幅(瞳孔間距離)に合うかどうかでも決まります。メガネの横幅に対して黒目が内側にくる・黒目が外側にくる時はフレームのサイズを変える必要があります。同じフレームの形でもレンズ部分の幅が異なっているので、レンズの真ん中に黒目がくるタイプを選ぶようにしてください。