フレームに使われている材質選びも重要

メガネ選びではフレームの材質も見極めて!

一口にメガネのフレームといっても、ラウンド型やオーバル型をはじめボストン型やスクエア型など、幅広く様々な形状があります。自分の顔の形から最適な形状のメガネを選ぶことによって、表情全体に安定感をもたらしたり、生活や仕事の様々なシーンに好印象を与えるなど、数多くメリットを生みます。 さらにフレームの形状に加え、その材質を見極めることも、メガネ選びでは重要になります。一口にメガネフレームの材質といっても、プラスチック素材やメタル素材あるいはコンビネーション素材や自然素材など、多種多様なタイプがあります。 材質ごとに掛け心地やフィット感そして軽さといったように、それぞれ特徴が異なります。その上、フレームの材質しだいで表情全体の印象を左右することも見逃せません。メガネ選びをする際には、フレームの材質までよく見極めることが肝心です。

フレームの材質にはどんなものがある?

メガネ選びでフレームの材質を見極めるには、まずどんな種類があるのか、あらかじめよく理解しておくことが求められます。前述したようにフレームの素材には、プラスチック素材やメタル素材そしてコンビネーション素材や自然素材など、大きく4つに分類できます。さらにこの中には、数多くの多彩な材質があります。例えばプラスチック素材であれば、アセテートやセルロイドをはじめ超柔軟性樹脂やウルテムなど、多岐にわたります。

またメタル素材ではチタンをはじめニッケル合金やマグネシウム、自然素材では木製やべっ甲といったものが代表格です。もちろん各材質にはそれぞれ独自の特徴があります。例えば合成樹脂のアセテートであれば、軽量で燃えにくい、そして加工しやすい点が主な特徴。あるいはチタンならば、軽さに加えて耐久性に優れることに特徴があります。各材質の特徴を見極めて、自分のニーズに合ったタイプを選ぶ必要があります。